マーベロンとトリキュラー!彼氏の為に低用量ピル

マーベロンとトリキュラー!彼氏の為に低用量ピル

妊娠を回避する方法

妊娠を回避

妊娠とは、排卵があり精子と卵子が結びつく事で受精卵となり、その受精卵が子宮内の子宮内膜に根をはり着床し母体とつながることで成立します。
また成立後、平均すると266日前後で出産となります。
夫婦またはカップルにとっては新しい命の誕生であり、神秘的な瞬間でもありますが、結婚を考えていない場合や何かしらの事故(強姦など)に巻き込まれ望まない妊娠をしてしまうことがあります。
受精卵を着床させないことを避妊といい、回避する方法として最もポピュラーな方法が男性が行うコンドームの使用です。
100パーセントの確率で避妊できるわけではありませんが、コンドームが壊れてしまっていたり、性行為中に外れてしまうことがなければ、高い確率で避妊することが可能となります。
しかし、コンドームの使用をしない男性も中にはおり、女性が主導で行える方法ではないので不安を感じてしまう人も少なくありません。
不用意な男性の行動が女性を苦しめてしまうこともあります。
子供を望まないのであれば、女性と性行為を行うマナーとして使用する必要があります。
子供を中絶する行為は女性への身体の負担も大きく、費用もかかり辛く苦しい思いをしなければなりません。
万が一性犯罪に巻き込まれてしまった場合にはアフターピルというものがあり、72時間以内の服用であれば避妊することのできる薬もあります。
また女性自身が行える避妊の方法もあり、高用量・中用量・低容量・超低容量の4種類のピルがあり、避妊率も正しく服用している限り99.9パーセントと回避することができます。
中用量や高用量は、身体の小さな日本人には作用が強すぎてしまい大きくホルモンバランスが変わるため、副作用も強く現れてしまいますのでお勧めできませんが、低容量ピルであれば副作用が一切なくなるわけではありませんが、かなり抑えることはできます。
低容量ピルにはいくつかの製品があり、それぞれに特徴があります。
不正出血が起こりにくいトリキュラーや保険の適応があり、DRSPと言われる新しいタイプのヤーズなどがあります。
他にも色々な種類があり、自分の身体に合ったものを使用することが一番良いので、男性に任せるのではなく自分で避妊を考えているのであれば医師に相談してみてください。