TOP > 自分に合う避妊薬を選ぼう!

ひとことに避妊薬といっても色々な種類があります。自分に合ったものを見つけましょう。

低用量ピルについてさらに詳しく知ろう

低用量ピルについて詳しく紹介する医者

ここでピルの基本的な概要をわかりやすくまとめておきたいと思います。

ピルはアメリカで初めて登場した避妊薬で、初めてピルが登場したときは含まれるホルモン量が非常に多く、血栓症などの副作用を引き起こすことが多々ありました。

ここからピルには副作用が強いというイメージがつくようになりましたが、年月が経つにつれてホルモン量の少ないピルが出てくるようになりました。

それが「低用量ピル」です。

低用量ピルは主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンに似ている成分が配合されています。

低用量ピルを飲むことで「女性ホルモンが満たされている状態」という信号が脳に送られ、妊娠していると錯覚させることができます。

また低用量ピルは避妊効果だけではなく、いろんな目的で使われています。

たとえば生理不順を治す際にも効果的で、毎月同じタイミングで生理が来るようになります。

他に、生理痛や月経前症候群などにも効果を発揮します。

最近では低用量ピルのおかげで不快な症状が軽減されるため、生理が来るたびに生理痛や月経前症候群などに悩んでいた人も使うようになっています。

さらに、子宮内膜症の症状も緩和できるようになっていたり、線維腺腫や卵巣ガンなどの婦人科系の病気リスクを大幅に下げることができるなど、避妊以外にも多数の効果を発揮してくれるのです。

あなたが避妊したいと思ったとき、そしてこれらの症状を改善したいと思ったときは、ぜひ低用量ピルを手に取ってみてはいかがでしょうか。

アフターピルについてもっと深く理解する

アフターピルについて解説する医者

性行為の際に、きちんと避妊したつもりなのにできていなかった、ということがしばしばあります。

たとえば、コンドームが破れてしまっていたり、ちゃんとついていなかったという状況です。

また、これ以外にも、拒み続けてもパートナーがコンドームをつけてくれないというようなこともあるかと思います。

妊娠はまったく望んでいないのに、あらゆるトラブルによって妊娠するかもしれない状況になってしまうことはあるはず。

妊娠してしまったかどうかは分からない、でもとにかく不安で仕方ない……。

こんなときに助けてくれるのが、アフターピルです。

アフターピルは低用量ピルとは違って、性行為の直後に使うピルです。

低用量ピルの場合は、服用期間に従って毎日のように服用しますが、アフターピルは性行為後に飲んで避妊することができる医薬品となっています。

つまり、低用量ピルの場合は普段からピルを飲まないと避妊効果が出ませんが、アフターピルの場合は突然避妊しなければならないような状態になっても大丈夫なのです。

アフターピルはホルモンバランスを急激に変化させることができるため、それによって避妊することができるのです。

ホルモンバランスを急激に変化させ、排卵を抑制したり、受精を防ぐことができます。

性行為後24時間以内の使用であれば95%の確率で避妊することができます。

この避妊成功確率は時間が経過するにつれて確率が低くなっていきます。

24時間以内の使用で95%の避妊が成功しますが、72時間以内の使用では成功確率が75%まで下がってしまいます。

そのため、アフターピルは性行為後なるべく早い段階で服用することが大切です。

避妊フィルムって何?

避妊フィルム

ピルもアフターピルも経口避妊薬として非常に有名ですが、経口避妊薬にはどうしても抵抗感がある方も多いはず。

たとえば、副作用が気になる、そもそも錠剤やカプセルなどを飲み込むことが苦手……などなど、さまざまな理由で経口避妊薬を使用したくないという人も多いでしょう。

また、ピルを服用しているということをあまり知られたくないという方もいると思います。

「何飲んでるの?」と聞かれてしまうと、なんとなく答え辛いというようなこともあるでしょう。

しかし、それでも避妊はしたい!コンドームでの避妊は信用できない!という方にオススメの避妊薬が「避妊フィルム」です。

避妊フィルムは膣内にフィルムを貼り付けるだけの非常に簡単な医薬品です。

殺精子剤が含まれているため、正しく貼り付けられていれば100%に近い確率で妊娠を防ぐことができます。

日本ではまだそれほど有名ではありませんが、アメリカなど諸外国では広く利用されている立派な避妊薬です。

ピルやコンドームによる避妊に抵抗感がある方はこの避妊フィルムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自分に合う避妊方法を選んで、避妊していこう

自分に合う避妊方法を選ぶことを勧める女医

実際にどの方法を使って避妊すればいいのかというと、難しいところではあります。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、使用する本人がメリットを強く感じたものを利用することが最も有効だと思います。そのため、一概に、これが最も有効な手段だ!ということはできないのです。

言い換えれば、これは自分の好きなように選ぶことができるということでもあります。

たとえば、体に与える負担を抑えて、安心して避妊したい場合は低用量ピルを、ちゃんと毎日飲み続けるのが面倒だという人はアフターピルを、あなたが薬を飲むことに抵抗があり、相手がコンドームを装着してくれない場合は避妊フィルムを利用するという風に考えることも可能です。

自分にとって最も有効な避妊方法で、かつストレスにならないものを選ぶといいでしょう。