マーベロンとトリキュラー!彼氏の為に低用量ピル

マーベロンとトリキュラー!彼氏の為に低用量ピル

低用量ピルの服用方法

服用方法

低容量ピルとは、ピルと同様、女性が主導となり妊娠を回避するために使用するもので、排卵を抑制することで精子と卵子が受精する機会を阻害する作用があり、含まれている黄体ホルモンは通常量のピルと同様で卵胞ホルモンであるエストロゲンの含有量を少なくし、副作用を軽くした経口避妊薬であり避妊の効果もあり正しい方法によって服用を続けることでほぼ確実に避妊することが可能になり、女性の身体への負担を考慮して作られた薬になります。
低容量ピルの中でも人気なのがマーベロンと呼ばれ避妊薬で、第三世代の経口避妊薬であり、第三世代の特徴として黄体ホルモンの作用が強く、子宮内膜での活性も強いため、副作用である不正出血をおこしてしまうことが少ないと言われています。
また男性ホルモン作用が僅かしかないため、ニキビや脂漏などの症状もおこりにくく、また避妊以外のことにも使用ができ生理不順の改善や子宮内膜症などに応用応用して用いられることもあります。
一相性ピルであるため、飲み忘れなども少なく安定した避妊効果を得ることができ、決められた時間に毎日欠かさず服用することで99%以上の避妊率となります。
他にもトリキュラーと呼ばれるものもあり、こちらは三相性のピルになり服用を続けていくことでホルモンの量が3段階に変化するピルとなります。
こちらも国内では人気の高い製品になり、同様に100%に近い確率で避妊することが可能になります。
卵胞ホルモンの配合量は決まっており、服用日数を重ねることで黄体ホルモンの量が多くなっていき、自然に近いホルモン分泌に似せることが出来るようになります。
マーベロンもトリキュラーも基本を21日間の服用とし、次の1週間は服用を休み次の週から再び服用を開始しますが、28日間のタイプもあり服用しない週を作らないことで飲み忘れを防ぎ、安定した避妊効果を得るために偽薬が1週間分含まれています。
ピルの使用は女性の価値観あるいはライフスタイルによって服用を決めるべきであり、低容量とはいえ身体への負担があるので服用するかは慎重に考えていきましょう。